薬剤師の資格と仕事

***************
店舗販売業
***************

 一般用の医薬品を販売しているような店舗販売業を営む店舗には、その営業時間中は必ず薬剤師を置かなければならないということが薬事法と「薬局及び一般販売業の薬剤師の員数を定める省令」で定められています。

 ですがこれには例外が設けられており、薬種商販売業や空港内、港湾内の売店のような簡単な医薬品(酔い止め薬等)のみを扱う特例販売業、配置販売業の場合には薬剤師を配置する義務はありません。
 その代わり取り扱いが許される医薬品が専門知識に基づく安全管理の必要のないもののみに制限されています。

 2009年度よりこの制度の改正が実施される予定となっています。
 一般用医薬品が第一類から第三類までに分けられ、取り扱いが許されるのは薬剤師を配置しているか登録販売者が常駐している薬局及び店舗販売業、配置販売業者のみとなります。
 また、第一類の医薬品の販売は必ず薬剤師が対面で書面により販売する医薬品の情報提供を行わなければならないこととなるということです。


Menuへ戻る

Home


mail

copyright(c)
薬剤師の資格と仕事
All Rights Reserved.