薬剤師の資格と仕事

**********
病院
**********

 薬局と並んで薬剤師の勤務場所としてメジャーであるとともに、業務形態が大きく変わりつつあるのが病院に勤務する薬剤師でしょう。

 病院で働く薬剤師の仕事は、調剤薬局での仕事と同様に外来患者に対しての担当医師の処方せんに従った調剤業務も多くあります。
 調剤の際の違いとしては、扱う薬剤の中に注射剤も多く含まれることでしょう。

 また、病院勤務の薬剤師の大きな役目として近年メインとなりつつあるのが入院中の患者に対しての服薬指導です。
 医師がそれぞれの患者に対して投薬を指示した薬剤について適正に服用されているかの確認を行ったり、患者の薬剤に対する不安をわかりやすい説明で取り除いてあげたりと投薬治療に対する全般的なサポートを行っていく役目を担います。

 それとともに投薬に対して患者の重大な変化が懸念される薬剤については、担当医師と一緒に最も有効な投薬の仕方を決めることも大切な業務のひとつとなります。
 また、それらの薬剤の管理も重要な役目となるのはいうまでもありません。


Menuへ戻る

Home


mail

copyright(c)
薬剤師の資格と仕事
All Rights Reserved.