薬剤師の資格と仕事

************************
無試験で与えられる資格
************************

 薬剤師の国家試験に合格し、無事に薬剤師の免許を取得することによって、通常は資格試験に合格しないと取得することができない資格を無試験で所持することを認められているものがあります。
 その主なものを挙げると、以下のような資格があります。

・毒物劇物取扱責任者
 毒物や劇物として指定されているものを輸入したり製造、販売したりする業者には事業者ごとに1人の配置が法律により義務付けられています。
 薬剤師が責任者になる場合には、各自治体の事業許可を出す行政窓口に薬剤師免許証とあわせて申請書を提出します。
 通常は各自治体で年1回行われる試験に合格することにより資格を与えられます。

・食品衛生管理者
 行政で指定されている食品を扱う事業者では、各事業所ごとに配置することが法律で義務付けられています。
 食品衛生管理者は、その施設で扱う食品や添加物を衛生的に管理できるよう注意する義務を負います。
 薬剤師の他には医師、歯科医師、獣医師も資格の所持を認められています。
 通常は資格者の設置が義務付けられている事業所での所定年数の実務経験と規定の講習を受講することで資格が認められます。

・麻薬取締官
 資格試験というものはありませんが、薬事や麻薬取締に関わる事務に所定年数従事しないとその職に就くことができないこととなっています。


Menuへ戻る

Home


mail

copyright(c)
薬剤師の資格と仕事
All Rights Reserved.