薬剤師の資格と仕事

********************
薬剤師の将来性は?
********************

 薬剤師という資格の将来性はどうなのでしょうか。

 特定領域に強い専門性の高い薬剤師の必要性が唱えられ、専門薬剤師の認定制度が始まる等、薬剤師の需要は伸びているといえるでしょう。
 専門分野に対応できる薬剤師を育成する為に、薬学部はそれまでの4年制から6年制が導入され、近年では薬学部があらたに設置されたり新しく開校する大学の数も増えているようです。

 薬系大学や薬学部が増えれば必然的に卒業生の数も増え、徐々に薬剤師の数が増えていけば将来的に就職の際に余剰人員が出る可能性があることも否定はできません。

 ですが医薬分業や医療費の引き下げを狙う新薬開発の推進が行政により進められる傾向は今後も続き、まだまだ薬剤師が必要とされる場が減ることにはならないようです。

 また、薬剤師は病院や調剤薬局の他にも食品メーカーの衛生管理や化粧品メーカーでの製品開発、地方自治体の環境衛生に関する業務等、様々な分野でその知識を活かすことができる為、仕事を得るのに困る事態にはなりにくい資格であるともいえるでしょう。


Menuへ戻る

Home


mail

copyright(c)
薬剤師の資格と仕事
All Rights Reserved.